当院の目標と存在意義

①なぜ眼科に通院しているのか、どうして眼科受診する必要があるのか

②どうすれば病気を治すことができるのか、病気の進行を止めることができるのか。

 

をしっかり患者様に理解して頂くことが、満足度の高い治療につながると信じています。

(もちろん医師の行う質の高い手術・治療は前提となります。)

 

そのための検査・診察・インフォームドコンセントは何よりも大切で最新の機器を揃えています。

また、可能な限り医師・スタッフに質問しやすい環境を作っています。

わからないことがあればいつでも医師・スタッフにお聞きください。

 

院長略歴

服部 知明

日本眼科学会 眼科専門医

医学博士

視覚障害者用補装具適合判定医師

 

1977年 桑名市 生まれ

1996年 私立 東海高等学校卒業

2002年 岩手医科大学医学部 卒業

2002年 名古屋市立大学医学部 眼科学教室 入局

2003年 常滑市民病院 眼科

2005年 亀山市立医療センター 眼科

2006年 名古屋市立城北病院 眼科

日本眼科学会 眼科専門医 取得

2008年 厚生連 豊田厚生病院 眼科 医長

2010年 名古屋市立大学病院 眼科 助教

博士号取得(名古屋市立大学大学院 医学博士)

2014年 名古屋市立西部医療センター 眼科 副部長

2016年 社会医療法人 木沢記念病院 眼科 部長代理

2018年 川越あさひ眼科 開院

 

 

スペシャルアドバイザー

安川 力 (名古屋市立大学眼科学教室 准教授)

加齢黄斑変性における病態解明の研究分野で世界で最先端を走られている研究者の1人である安川 力先生に診療・治療に関して様々なアドバイスを頂きながら診療して参ります。

https://research-er.jp/researchers/view/103662

このたび、安川 力 先生が【The Best Doctors in Japan 2018-2019】に選出されました。

【The Best Doctors in Japan】はアメリカ合衆国のボストンに本社を置き、現在70カ国で適切な治療やセカンドオピニオン取得のための名医紹介などのサービスを行っているベストドクターズ社が選出しています。

ベストドクターズ社は過去30年にわたり継続的に実施されている相互評価調査としては医療界最大級とされる医師間の相互評価をおこなっている会社です。調査では、医師に「あなた自身またはあなたの大切な人が特定の専門分野の医師を必要とした場合、誰を選びますか?」という質問を行います。最終的に調査結果から一定以上の評価を得た医師を名医(Best Doctors)に認定されます。

現在、世界中で約53,000名の医師が名医として認定されており、日本では約6,500名が認定されています。(医師数は2018年5月現在)

 

ベストドクターズ社については以下をご参照ください。

http://www.bestdoctors.jp/index.html